ロビーといえばマディソンとかゴードンとか

 昨今のロビーだのなんだののなんか赤い鉄柱もパイプ椅子もないんだけど、それなんかよりじっとりギトギトしたどこかの組織の場外乱闘ぶりを横目にして、自分の興味対象であるモトクロスやトライアルのデナシオン…じゃなかったネイションズやエンデューロのISDEにおけるトロフィーチームのようなレースの国別対向選手権を思ってみると、多少の細かな変更はあれどフォーマットはほぼ決まっていて、オフィシャルという審判はいても結果を出すのはマシンではなく“強い”選手達であり、それがほぼ審判の介入を許さず明確に選手達によって示されるという点においてはやはりモーターサイクルレーシングは“スポーツ”なのだと思ってみたり。

 願わくはもっとモーターサイクルレーシングが“スポーツ”であり、それぞれのカテゴリーに“国”というモノを背負って選手達が参加するレースがあるというコトを多くの人に知ってほしく、またニッポンの選手達にももっと“強く”なっていただきたいし、そうなるためにはどうすべきかというビジョンをまわりのオトナ達にも持っていただきたいのであります。

 あ、こちらではお久しぶりでした(謝)。
[PR]

by ya-hey | 2013-02-14 21:17 | ぽつり  

<< GOM2013 春大会超ダイジェスト 霧バイファイナル >>